宇宙(そら)に行ったアリ

宇宙(そら)に行ったアリ

2000年5月にアントクアリウムはNASAの科学者達に連れられて、スペースシャトルSTS107に搭乗しました。

科学者達は、このNASAテクノロジーをベースに開発された特殊なジェルを使って無重力状態でのアリの生態を観察し、貴重な研究結果を地球に持ち帰りました。この宇宙時代に生まれたアントクアリウムは、今まで見たくても見ることの出来なかったアリの巣を3次元的に観察し、驚くべきアリの世界を体験できるライブ感溢れるインテリアです。