WAになって座ろう

WAになって座ろう

公の場だけでなく個人に向けたソーシャルな家具。快適であるだけでなく、アイコンタクトが取りやすいような工夫がされています。製造や運搬を考慮し、座面は5つに解体して重ねられるとのこと。素材はリサイクルプラスチックです。

ネットだけでなくリアルでも繋がれる新しい家具に期待です。円卓よりもリラックスできますね。