まるでヘアバンドのようなヘッドフォン:TWINE

まるでヘアバンドのようなヘッドフォン:TWINE

Molami の物語は、ブランドそのもののように、妥協を知りません。

デザイナーMaria von Euler, Molamiの新考案品は、マリアがスウェーデンのストックホルムで学生だった時代までさかのぼります。 大学の休暇中に Zound Industries 社で働いた経験が、修士号取得の際のプロジェクトのインスピレーションとなり、遂に Molami の初端となったのです。

その後数年間、マリアは仕立てとファッションデザインのプロセスを組み合わせ – 素材と形がどのように女性の姿を美しく見せるか – 系統的な産業デザインのアプローチへと導きました。 このアプローチを使い、マリアは女性の顔立ちを縁取り、強調するヘッドフォンを構築しました。 これは、ヘッドフォン業界にかつてなかったものでした。

マリア派細部にまで注意深く目を配ったことは、一組ひとくみのMolami ヘッドフォンを見れば分かります – ブレード編みのテキスタイルが持つテイラー仕立てのシルエットから-包まれたコードと金と銀を使った落ち着いたアクセントまで。

今日、Molami は、マリアのビジョンである「身にまとうサウンド」を共有する人々が身に着けているのを目にすることができます。 身にまとうことができるヘッドフォンは、ファッションの視点からデザインされ、選ばれるアクセサリとして身に着けられ、コンテンポラリーなみなさんにお届けされています。

Molami

身に纏うサウンド。この響き、いいですね。