精度が未知数な癒し系天候予測器:Tempo Drop

精度が未知数な癒し系天候予測器:Tempo Drop

テンポドロップ(Tempo Drop)は、ストームグラスという、結晶を楽しむ不思議なインテリアです。

ストームグラスは19世紀に航海士等が使用していた天候予測器です。樟脳(クスノキのエキス)やエタノール等をガラス管に密封して作られており気候の変化に反応して起きる結晶を観察する事で、役立てられていました。ジュール・ヴェルヌの小説『海底二万マイル』に出てくるノーチラス号の中にも設置されています。

その後の科学の発展に伴い、実際には結晶化現象については謎が多い事がわかり、いまだ詳細は研究途上です。現代では予測器としての実用は難しいですが、季節によって景色が変わるように、日々変化する結晶の様子を”Tempo Drop”でお楽しみください。