戦争と乙女

戦争と乙女

高松和樹による『距離感主義』という連作。エゴン・シーレの『死と乙女』を連想される作品だと思いました。作風は全く違いますけれどね。

可愛いような、エロティックなような、怖いような…。