ショッピングモールに出現したアンディ・ウォーホル美術館

ショッピングモールに出現したアンディ・ウォーホル美術館

展示スペースのポップカルチャーと工業が反映されています。典型的な白壁ではなく、アルミ製の塗料缶を積み重ねて作られた構造の美術館です。消費文化社会とポップアーティストの作品を表すため、金属製容器のモジュラーを繰り返し使用して、4つの展示室を作り出しています。

作品を見るだけでなく、ウォーホルがSOHOに作ったスタジオ『ファクトリー』を疑似体験する空間としての美術館。ステキです。


2013.09.09category:インテリア・建築tag:
マリメッコのすべて フィンランドを代表するデザイン・カンパニーの歴史とテキスタイ ル、ファッション、インテリアの徹底研究
recommend
安心できるものを お求めやすく
tag cloud
search
popular articles
  • iPad(iOS)のバッテリーを長持ちさせるコツ
    iPad(mini)に使われているリチウムイオン電池。特性を知り、設定を見直してバッテリー寿命を延ばす方策を講じておきましょう。...
  • 天井に収納するベッド
    壁や床下ではなく天井に収納するベッドです。発想の原点はハンモック?寝室があっという間にリビングに変身!...
  • 近未来のスポーツジム
    曲線で構成された未来的なスポーツジム。宇宙船を彷彿させるダイナミックなデザインです。ここで鍛えれば究極の美を手に入れられる?...
  • 超リアルな楽器のペーパークラフト
    実際の楽器と同じパーツ構成のペーパークラフトです。バイオリン、チェロ、ベース、グランドピアノ、ハープ、ギターがあります。...
  • Audi A7のリアルなペーパークラフト
    750ものパーツを使い、245時間をかけた大作です。全長は約120cm。内装まで忠実に再現されています。...