iPhoneの充電もできるキャンプ用ストーブ:BioLite

BioLiteキャンプストーブ

たき火で発生した熱を電気に変換できるキャンピングストーブです。

小枝や小さな薪などを燃焼室の中で燃やして電気に変換。充電された電気でファンが稼働し、燃焼室の中に空気を送り込むことで燃焼効率が向上、たき火の火力が増します。ファンを回すために十分な電力が蓄えられた後、余剰電力はUSBポートを通じて外部機器の充電に利用することも可能です。ガスやガソリンなどの化石燃料を使わなくても強力で安定したたき火ができ、さらに発電も可能という画期的なキャンピングストーブ。アウトドアシーンではもちろん、防災用品としても注目されています。

実際に使用したイメージ。約20分の充電で1時間の通話が可能ということなので、発電能力は十分にありますね。スマホなどの情報家電は生活必需品になっていますので、アウトドアだけでなく、災害などの緊急時にも活躍してくれそう。


2012.10.06category:iPad
マリメッコのすべて フィンランドを代表するデザイン・カンパニーの歴史とテキスタイ ル、ファッション、インテリアの徹底研究
recommend
カメラにしか見えないiPhoneケース
tag cloud
search
popular articles
  • オシャレな段ボールのiPadスタンド
    段ボールを使ったDIYです。今回はシンプルでオシャレな段ボールのiPadスタンドを作ってみましょう。...
  • iBookを使ってiPadケースを作る方法
    iBookをiPadケースにする荒技をご紹介します。サイズがぴったりで意識しないとiBookにしか見えないところが素晴らしい。...
  • iPhoneをMacBook Airに替えるClambook
    "Clambook"は16:9のディスプレイ、キーボードが一体化したドッキングステーションです。これにiPhoneやAndroidを接続すればノートPCのような感覚で利用することができます。...