螺旋状のリボンから生まれた構築的なハイヒール

螺旋状のリボンから生まれた構築的なハイヒール

建築家Julian Hakes氏が考案した螺旋状のハイヒール。靴はつま先と踵で支えればいいのに、多くの無駄な要素があるという持論から生み出された誰も見たことがない軽やかなデザインです。

ベースの素材はカーボンファイバー。足が当たる部分には合皮が貼られています。履いた人たちの感想は「思いのほか快適」とのことです。

マリメッコのすべて フィンランドを代表するデザイン・カンパニーの歴史とテキスタイ ル、ファッション、インテリアの徹底研究
recommend
いつもの椅子を心地よくする魔法法は…
tag cloud
search
popular articles
  • iPad(iOS)のバッテリーを長持ちさせるコツ
    iPad(mini)に使われているリチウムイオン電池。特性を知り、設定を見直してバッテリー寿命を延ばす方策を講じておきましょう。...
  • 天井に収納するベッド
    壁や床下ではなく天井に収納するベッドです。発想の原点はハンモック?寝室があっという間にリビングに変身!...
  • 近未来のスポーツジム
    曲線で構成された未来的なスポーツジム。宇宙船を彷彿させるダイナミックなデザインです。ここで鍛えれば究極の美を手に入れられる?...
  • ナイキのペーパークラフト・シューズ
    NIKEのスニーカーがペーパークラフトになりました。シューレースもきちんと表現されていて仕事が細かいです。...
  • サムライウォッカ
    まさにサムライといった感じのウォッカのボトルです。居合いで切り裂かれたかのような鋭いデザイン。日本酒の方が似合う?...