アートを通して原子力を考え直す

アートを通して原子力を考え直す

“Radioactive Control”と名付けられたインスタレーションはDockvilleというアートフェスティバルで発表されました。放射性物質からの逃避という被害妄想、原子力発電所の安全制度について問いかけがテーマとなっています。

非常に難しいことではありますが、単に不安を煽って反対するのではなく、建設的なエネルギー政策を話し合える場があるといいのではないでしょうか。


2012.02.16category:写真tag: